トップページ サイトポリシーサイトマップ
団塊世代のセカンドライフ
お気に入りに追加 スタートページにする
団塊世代セカンドライフへ戻る 団塊世代セカンドライフの観光 団塊世代セカンドライフの健康 団塊世代セカンドライフの公共 団塊世代セカンドライフのくらし 団塊世代セカンドライフの趣味
団塊世代のセカンドライフへ戻る 団塊世代のパソコン知識へ 玉ねぎで毛糸を染めてみよう
旅行に行こう
北海道・東北
関東・甲信越
中部・近畿
中国・四国・九州・沖縄
温泉の豆知識

食事・食べ物
大丸ショッピング
Oisixおためしセット
食べ物の発祥の地
一度は行ってみたいお店

生活を楽しむ
生活を楽しむには?
毛糸を染めてみよう
団塊世代のパソコン知識
家族で作ろうカリカリ餃子

新しい住居
高齢者の安心住居
団塊世代の田舎暮らし
老後の生活
海外の住宅

医療関係
足に合った靴
救命救急センター評価
肥満と高血圧の関係
医療保険の目的と種類

公共機関・就職
公共機関便利リンク
団塊世代の再就職
再就職の心得
団塊世代の職探し

お金・年金
老後の生活資金
私的年金の種類
退職金の運用
退職金や年金の税金

その他
サイトポリシー
相互リンク
メールフォーム
サイトマップ
            
台所で廃棄される野菜や果物の色素を利用して布や糸を染めることはできますが、材料によって染まりやすいものと染まりにくいものがあります。
玉ねぎや春菊、栗の皮などは比較的染まりやすく初心者にはおすすめです。

仕上がりの色はさまざまに仕上がるり、毛糸の種類によっても色相が微妙に異なります。
同じように染めたつもりでも毎回違う仕上がります。でも、それが自分で染める手づくりの楽しさです。

色の定着をよくするために染めた後に「媒染」という作業を行います。
媒染剤にはミョウバンや鉄、銅などがあり、媒染剤によって出来上がりの色が違ってきます。
ここで説明している染め方は、漬物などの発色材にも使われているミョウバンを玉ねぎで毛糸を染めてみよう使います。

毛糸の染め方

【準備する物】
毛糸(毛100%、白色)100g、玉ねぎの皮50g、ミョウバン(焼きミョウバン)小さじ2、ステンレスのボール(毛糸がゆったり浸るくらいの大きさ)

【手順】
(1)毛糸は糸でゆるく結んでまとめ、ぬるま湯につけて全体を湿らせておく。

(2)ボールに玉ねぎの皮と皮が隠れるくらいの水を入れて火にかけ、20〜30分煮出します。

(3)水が茶色になったら火を止め、熱いうちにザルでこします。

(4)水を加え(毛糸が浸かるぐらいの量)、ぬるい温度になれば(1)の毛糸を軽くしぼって浸します。

(5)弱火にかけて軽くかきまぜながら20〜30分煮る。火を止めて冷ます。

(6)素手で触れるくらいまで冷めたら、ぬるま湯を取りかえながら2〜3回洗い軽くしぼる。

(7)媒染をする。

ボールにミョウバンを入れて、水カップ1を加え火にかける。

ミョウバンが溶けたら、毛糸がゆっくり浸るくらいになるように水を加える。

火にかけてぬるいくらいの温度になったら(7)の毛糸を入れて弱火にかけます。

軽めにかきまぜながら20〜30分煮る。火を止めて冷ます。

(8)素手で触れるくらいまで冷めたら、ぬるま湯で水を取りかえながら2〜3回洗います。

(9)乾いたタオルに毛糸を包んで軽く脱水機にかける。

(10)陰干しをして乾かして出来上がりです。


Copyright © 2006 団塊世代のセカンドライフ All rights reserved.