トップページ サイトポリシーサイトマップ
団塊世代のセカンドライフ
お気に入りに追加 スタートページにする
団塊世代セカンドライフへ戻る 団塊世代セカンドライフの観光 団塊世代セカンドライフの健康 団塊世代セカンドライフの公共 団塊世代セカンドライフのくらし 団塊世代セカンドライフの趣味
団塊世代のセカンドライフへ戻る 老後の生活へ
旅行に行こう
北海道・東北
関東・甲信越
中部・近畿
中国・四国・九州・沖縄
温泉の豆知識

食事・食べ物
大丸ショッピング
Oisixおためしセット
食べ物の発祥の地
一度は行ってみたいお店

生活を楽しむ
生活を楽しむには?
毛糸を染めてみよう
団塊世代のパソコン知識
家族で作ろうカリカリ餃子

新しい住居
高齢者の安心住居
団塊世代の田舎暮らし
老後の生活
海外の住宅

医療関係
足に合った靴
救命救急センター評価
肥満と高血圧の関係
医療保険の目的と種類

公共機関・就職
公共機関便利リンク
団塊世代の再就職
再就職の心得
団塊世代の職探し

お金・年金
老後の生活資金
私的年金の種類
退職金の運用
退職金や年金の税金

その他
サイトポリシー
相互リンク
メールフォーム
サイトマップ
            
日本全国の町や村では、過疎化が進み深刻な問題を抱えています。
そういった背景に、いろいろな対策をされているようです。このページでは、一部ですが紹介していきたいと思います。

愛知・豊根村では、月1万円程度の家賃で1〜6ヶ月そこに住んでもらい、村を気に入れば、村営住宅に定住してもらうという目的です。今では何軒か物件も増え、問い合わせがあるようです。

豊根村の人口は、20年前と比べて3割減少しており、村は過疎化対策として、何年か前から都会の社会人を対象に、農作業や山仕事を体験してもらう事業を始めました。
その時の参加者から、村での生活を望む声もあり、宿泊施設の建設を決めました。




佐賀県の東松浦半島の中央に位置する玄海町は、町内に住宅を新築した場合、一世帯につき100万円を支給する「定住促進奨励金条例」を施行した。

今年の国勢調査によると、町の人口は約6,700人。30年で約700人減少した。小中学生の数はほぼ半減し、小中学校とも統合の話が持ち上がっている。




北海道標津町では、平成18年度から定住促進を目的として、土地を無償で提供する分譲地の造成を計画しています。

分譲区画の面積は1区画120坪から140坪で都会の人には、夢のような広さです。
多少の条件がありますが、これならクリアーできそうです。



田舎暮らし虎の巻

本書は、これから田舎暮らしをしたい人のための「田舎の探し方、暮らし方」の虎の巻である。そして都会の人々を受け入れることによって、地域活性化を図りたいと考えている農山村の人々に贈る書でもある。
失敗しない田舎暮らし入門第3版

20年に及ぶ豊富で信頼できる取材情報と、自ら田舎暮らしを実践している体験・知識をもとに、田舎暮らしに成功するための秘訣をさらに充実させた「ガイド書」のロングセラー。
田舎暮らしの達人たち

風のにおい。真の暗闇。星空の下だからできた子育て。生き物との出会い。自分のペースで思いのままに家族と語らい、野菜を作り、心を耕す―のんびりと、ゆとりある充実の日々がここにはある。達人たちの生き方が示す、新しく豊かな「第二の人生」へのヒント。


Copyright © 2006 団塊世代のセカンドライフ All rights reserved.