トップページ サイトポリシーサイトマップ
団塊世代のセカンドライフ
お気に入りに追加 スタートページにする
団塊世代セカンドライフへ戻る 団塊世代セカンドライフの観光 団塊世代セカンドライフの健康 団塊世代セカンドライフの公共 団塊世代セカンドライフのくらし 団塊世代セカンドライフの趣味
団塊世代のセカンドライフへ戻る 退職金や年金の税金へ
旅行に行こう
北海道・東北
関東・甲信越
中部・近畿
中国・四国・九州・沖縄
温泉の豆知識

食事・食べ物
大丸ショッピング
Oisixおためしセット
食べ物の発祥の地
一度は行ってみたいお店

生活を楽しむ
生活を楽しむには?
毛糸を染めてみよう
団塊世代のパソコン知識
家族で作ろうカリカリ餃子

新しい住居
高齢者の安心住居
団塊世代の田舎暮らし
老後の生活
海外の住宅

医療関係
足に合った靴
救命救急センター評価
肥満と高血圧の関係
医療保険の目的と種類

公共機関・就職
公共機関便利リンク
団塊世代の再就職
再就職の心得
団塊世代の職探し

お金・年金
老後の生活資金
私的年金の種類
退職金の運用
退職金や年金の税金

その他
サイトポリシー
相互リンク
メールフォーム
サイトマップ
            
退職金の運用は、どのように考えたらいいでしょうか?

退職金の運用は、ライフプランの一環としてとらえます。

お金の使い道によって分別して管理しましょう。

分散投資をすることも大切です。
ライフプランの一環として考える


退職金は一般的にサラリーマンにとって一生に一度手にする大金で、このような大金の運用に慣れていない人も多いでしょう。
退職金の運用はこれからのライフプランの一環として考えます。
人生の目標は仕事、趣味、ボランティア活動など人それぞれ切差万別です。
60歳のスタート地点に立って自分の進む方向を見定めることがマネープランを立てる際の第一歩なのです。
老後の収支の見通しを立てる


これまでは毎月の給与やボーナスで家計をまかなってきましたが、今後は多くの場合年金が主たる収入となりますので、家計管理も見直すことが必要です。
老夫婦2人の生活費を月約30万円とすると、公的年金のモデル年金額(夫婦合わせて月約24万円)では月約6万円不足します。
60歳定年退職後20年生きるとすると、生涯の不足額は1440万円となり、これは自助努力で埋めなければなりません。
貯蓄は目的別に分別管理


貯蓄の管理はそのお金の使い道により「生活費を補う資金」、「楽しみのための資金」、「予備資金」の3つに分けて管理すると、家計の運営がしやすくなります。
次にお金の使い道、金利動向、リスク分散を考えてポートフォリオ(金融商品の組み合わせ)を組みます。
これにより「流動性商品」、「確実性商品」、「利殖性商品」などの商品性、運用期間の長短、分散投資の内容が決まります。

ポートフォリオは退職金だれでなく、自分の保有する貯蓄全体で考えます。
基本的には、やり直しのきかない老後の資金運用はリスクをなるべく低く抑えます。
ペイオフが解禁された今は、銀行が倒産すると、1人1行元本1000万円とその利息しか保証されませんから、預け先の分散も考えます。
どんな金融商品がよいか


超低金利のいまは、長期の固定金利商品を避けるのが定石です。
年金の振込銀行で、定期預金金利を優遇してくれる年金定期預金などはぜひ利用しましょう。65歳からはマル優が使えます。
相続対策として一時払いで終身保険に加入する方法もあります。
そのほかには、以下のような運用方法があります。

(1)住宅ローンの繰上げ返済は、超低金利の今、ノーリスクの資金運用といえます。
(2)税金や保険料などを前払いすると割引が受けられます。
(3)投資用不動産の購入は、土地神話が崩壊した現在大変リスクのある投資ですから、事業計画を慎重に検討して取り組む必要があります。



Copyright © 2006 団塊世代のセカンドライフ All rights reserved.