トップページ サイトポリシーサイトマップ
団塊世代のセカンドライフ
お気に入りに追加 スタートページにする
団塊世代セカンドライフへ戻る 団塊世代セカンドライフの観光 団塊世代セカンドライフの健康 団塊世代セカンドライフの公共 団塊世代セカンドライフのくらし 団塊世代セカンドライフの趣味
団塊世代のセカンドライフへ戻る 団塊世代のセカンドライフの趣味へ

団塊世代セカンドライフのくらし

団塊世代セカンドライフのくらし
団塊世代の観光
団塊世代がリタイアした後のくらしは、いろいろとあります。
都会暮らしから、田舎に暮らしてウォーキングやジョギングしたり、健康を考えながら野菜作りに、励んだりとさまざまです。
海あり山ありで気候が穏やかで、ほどよい自然に恵まれている生活もいいですよね〜
静かでヘルシーな生活をエンジョイして、いつまでも長生きをしたいと皆が思うことです。


ある住宅関連企業がまとめたアンケートによると、結婚している中高年女性の二割りが、定年後は一人暮らしをしたいと望んでいるらしい。

その他には、「定年後はなるべく一緒に」の問いに、夫の約50%に対し、妻は約27%と半分程度だった。
定年後は、男性も家庭生活で自立することはもちろん、仕事以外での趣味やボランティア活動を妻と一緒に充実させることが必要ですね。

定年後の団塊世代、「定年後もお金のために働く」

ある新聞に、こういう記事が載っておりました。
団塊世代サラリーマンの74.3%が「定年後もお金のために働く必要がある」と考えているそうです。
今まで比較的裕福とみられている団塊世代も、実は定年を目前にして資産形成の面で個人間の格差があるようです。

また、3人に1人が保有金融資産が500万円未満、退職金がない方は4人に1人。
年功序列賃金体制と公的年金減額へあまり影響が出なくて、羨ましい「逃げ切り世代」とは程遠い勘違いである。
定年後は、豊な老後を過ごすどころが、どこに就職するかが今後のテーマです。



団塊世代のあなたが損をしない年金のもらいかた
年金や雇用保険などは毎年、法改正が行なわれています。
新しい内容で覚えておかないと不利になります。年金の仕組みはとても複雑でわかりにくい。
原則のみを覚えておき、決してひとり合点しない。そして、少しでも不安のある人は社会保険事務所なり専門家に相談し、早め早めの対策を。

あと数年で年金受給が開始される団塊世代。
避けて通れない年金削減にどう対処するべきか? ターゲットを団塊の世代に絞った、賢く老後生活に備えるための年金ガイド。知っていると知らないではこんなに違う!
団塊世代セカンドライフの観光
Copyright © 2006 団塊世代のセカンドライフ All rights reserved.